活動趣旨・概要

地区の現状と課題

大阪府南河内郡河南町の中南部に位置する河内地区は、川を挟んだ谷状の地形の中に昔ながらの集落や棚田が分布する、日本の原風景を色濃く残した美しい地区です。

しかし、近年は住民の都市への流出や農家の高齢化が進み、農業人口の減少が顕著になりつつあります。また、空き家となった古民家や遊休農地が目立つようになりました。

河内地区の地域資源や資産(古民家、山林、田畑等)の所有者は高齢化しており、資源の維持管理や有効活用をしてくれる若い力を必要としています。その一方で、地区内に安定した収入を得られる仕事が少ないことから、若年層は職を求めて都市へと移住している現状があります。

このミスマッチを改善するためには、河内地区内の地域資源や資産を有効活用し、安定した収入を得られる事業を起こす必要があると考えられます

“かわち夢楽”では、①古民家の修繕、②遊休農地の活用を「自然体験アクテイビティ」として発信し、参加者と楽しみながら地域の活性化に努めています。令和2年度より新しい活動拠点とて、河内地区持尾にある「オルター持尾健康相談所」に隣接する里山を活用し、「さとやまcafe」として地域農産物生産者と連携した飲食店と「自然体験アクティビティ」をセットにしてビジネスを展開していきます。

地区の将来像

<観光コンテンツの充実について>

  • 古民家

空き家となっている古民家を、「田舎暮らし」を希望する都会の方々とのマッチングを目的とした見学ツアーや、有効活用のアドバイス・サポート体制を充実していきます。

  • 農地

遊休農地をオーガニック栽培圃場として活用し、「さとやまcafe」の契約栽培としての利用や収穫体験などのアクティビティプログラムの企画や「農業塾」の開催により、リピーターを増やしていきます

     ・森林・里山
「さとやまcafe」の隣接する遊休地を、ドッグランやDayキャンプな  どの自然体験フィールドとして活用し、自然体験の魅力を発信する場として様々なプログラムを企画開発していきます。

<里山のマーケティングについて>

生活様式の変化や働き方改革に伴い、「田舎暮らし」の価値観も変化すると想定されます。
都会の高層マンションでの生活や通勤ラッシュの煩わしさを敬遠し、空気の澄んだ自然に囲まれた環境での生活スタイルが注目されます。マイクロツーリズムの活性化に伴い「都会に近い田舎!?」を求めた人々が情報収集の場を必要としてきます。また、食の安全性も見直され、家庭菜園など「自給自消費」の活動もブームになり、農業体験(農業塾)などの参加を希望する都会の人たちがが増加すると考えます。さらに、地域の里山や森林が再評価され、自然を守りながらその恩恵をうける新しい暮らし方を模索する人も増えてきています。

<観光ビジネスの知見を有する組織との連携について>

南河内を中心として活動しているNPO法人や各種団体と連携します。そして、当団体の活動趣旨に賛同する企業から専門分野の知見とアドバイスを基に、WIN×WINとしたビジネスへの発展性を模索していきます。
また、地元事業者や河南町とも情報共有を密にして、地域への恩恵を優先していきます。

<地域の魅力向上に向けての今後の取組について>

・「河南町・千早赤阪村グリーンの村おこし隊活動」計画
南河内の中山間地を共有する河南町・千早赤阪村を活性化する為、地域内外の地域振興に取り組む企業とチームを組んで活動する。当団体や地元有志が推進役となり、持続的な地域発展に向けて活動していきます。

活動内容

・“かわち夢楽”を運営する一般社団法人 夢楽の衆は、農林水産省:農泊推進対策事業及び大阪府:農空間保全事業の支援を受けた「河南町かうち地区農と自然を守る協議会」の中核団体として、助成事業の事業化を計る目的で設立されました。令和2年度より、地元NPO法人「安全な食べものネットワークAlter」ともパートナーシップ契約を締結して、持続的な地域活性化モデルの構築を推進していきます。

・自然環境保全事業:地域で活動するNPO法人里山倶楽部と連携した里山を守り・育て・楽しむ多様なプログラムの企画開発を促進し、会員の方々や地域外の人々との交流を計ります。

・空き家紹介事業:パナソニックセンター大阪の社会貢献活動の一環とした「Re-Life体験ツアー」を定期的に開催し、南河内の魅力を発信し、移住・定住者希望者の情報収集の場としていきます。

・里山ドッグラン事業:「K9クラブ大阪」のワンちゃん<しつけ教室&ドッグラン>として自然の中で活動できる専用フィールドを併設し、地域内外の飼い主さんへ利用促進を図っていきます。

・自然体験・教室事業:アウトドア用品メーカーや専門学校と連携した自然体験教室などを企画し、自然環境の魅力と保全の必要性をアピールしていきます。また、中山間地の防災を目的にドローンでの災害対策などの事業化及び人材育成にも手掛けていきます。

 ・アスリートジュニアサポート事業:大阪府サッカー協会の後援を受け、地域内のプロを目指すJリーグジュニアの育成及びJFCの啓発活動に寄与します。

地域連携協力事業者・団体の皆様(敬称略)

【事 業 者 名】     【 所 在 地】            【業 種】
株式会社 オルター      南河内郡千早赤阪村       オーガニック野菜の宅配業
株式会社 東條一作商店    南河内郡千早赤阪村       土木・建築資材運搬業
聖和電気           南河内郡太子町          電気工事業
有限会社 久門水道工業所    南河内郡河南町持尾       水道工事業
株式会社 ハニワフーズ     南河内郡河南町白木     食肉販売業
イワタニ近畿 株式会社     南河内郡太子町            LPガス販売管理業
北野園芸               南河内郡河南町弘川      園芸事業
はっちゃん会          南河内郡河南町さくら坂    ママさんバレーチーム
橋本電工            南河内郡河南町鈴美台     電気工事業
株式会社 萩下工務店     奈良県御所市         建築業
JFC堺・JFC松原 大阪府   堺市・松原市         少年サッカークラブ
K9クラブ大阪        大阪府羽曳野市        ワンちゃんのしつけ教室

活動主体事業者

〇事業者名:一般社団法人 夢楽の衆
       代表理事 浅川 賢二
〇住 所:大阪府南河内郡河南町下河内126番地
〇連絡先:(TEL&FAX)0721-93-7761
〇E-MAIL:asa@kauchi.org

アクセスマップ

活動場所:大阪府南河内郡河南町持尾744-1

  さとやまcafe 「かわち夢楽(むら)」