協議会について

地区の現状と課題

大阪府南河内郡河南町の中南部に位置する河内地区は、川を挟んだ谷状の地形の中に昔ながらの集落や棚田が分布する、日本の原風景を色濃く残した美しい地区です。

しかし、近年は住民の都市への流出や農家の高齢化が進み、農業人口の減少が顕著になりつつあります。また、空き家となった古民家や遊休農地が目立つようになりました。

河内地区の地域資源や資産(古民家、山林、田畑等)の所有者は高齢化しており、資源の維持管理や有効活用をしてくれる若い力を必要としています。その一方で、地区内に安定した収入を得られる仕事が少ないことから、若年層は職を求めて都市へと移住している現状があります。

このミスマッチを改善するためには、河内地区内の地域資源や資産を有効活用し、安定した収入を得られる事業を起こす必要があると考えられます

農と自然を守る協議会では、①古民家の修繕、②遊休農地の活用を「農業アクティビティ」として発信し、参加者と楽しみながら地域の活性化に努めています。活動拠点としている古民家も、活動当初からは見違えるほど綺麗になり、現在は「シンボルタワー兼憩いの場」として機能しています。今後はこの古民家にカフェや物産販売所としての機能を追加し、「農業アクティビティ」とセットにして、ビジネスを展開していく考えです。

地区の将来像

<観光コンテンツの充実について>

  • 古民家

空き家となっている古民家を、宿泊施設や農業アクティビティの拠点として改良し、日本の伝統的な建築物の良さを体感できる環境とします。

  • 農地

遊休農地を借り受けオーガニック栽培圃場とし、農業アクティビティの場として活用します。(収穫体験等)

  • ワールド牧場

敷地内にあるワールドヴィレッジのWi-Fi環境を向上させ、インバウンドが安心して宿泊できる環境を整えます。また、「日本の動物」を紹介したりふれあえる環境を整えます。

<マーケティングについて>

インバウンドに占める個人旅行者(FIT)の割合は増加傾向にあります。個人旅行者の旅行計画・宿泊先の予約等は、概ね来日前のインターネットで行われるため、まずは個人旅行者が旅行前に行う「インターネットの検索」に該当する仕掛け作りを行います。具体的には、本事業で実施する「農業体験ツアー」の公式HP及び予約フォームを作成し、近年の訪日旅行者のニーズである「日本食」「安い宿」「四季を感じる」等のキーワード検索で該当するようにいたします。また、本事業の強みである「農風景」「日本の動物とのふれあい」「農体験及び収穫した農作物による料理」やワールド牧場の和牛ブランド「梅ちゃんビーフ」等をアピールし、検索から予約まで個人旅行者を手離さない仕組み・内容とします。

<観光ビジネスの知見を有する組織との連携について>

大阪市を中心とした地域のインバウンドに関する事業や、外国の政府観光局に日本への外国人観光客増加を企画する「一般社団法人関西インバウンド推進事業協議会」と連携します。「一般社団法人関西インバウンド推進事業協議会」のこれまでの知見から本事業への助言をいただき、主に海外向けの広報面で協力をいただきます。

また、生産者や農業女子を支援する情報発信ネットワーク「食べる通信つくりびと」とも連携し、国内の幅広い層に、農業・自然体験アクティビティの魅力を発信していきます。

<地域の魅力向上に向けての今後の取組について>

  • 地域ブランド「トカイナカナン」の構築

都市部中山間地である河南町の名産を、地域ブランド「トカイナカナン」として構築します。なお、「トカイナカナン」は、交通の便が良いという都会の良さと農風景を色濃く残す田舎の良さを併せ持つ河南町の特徴を示しています。現在、連携先のワールド牧場では和牛肉の生産や朝取り産みたて卵等の販売に力を入れているほか、河南町で採れる大阪なすや石川早生(さといも)等といった農産物を「トカイナカナン」ブランドとして国内外にアピールしていきます。 特にツアーや農業アクティビティの参加者には河南町の「ファン」となっていただき、ツアーの参加以降も河南町産の食物を愛好していただくようにしていきます。

活動内容

  • 農泊推進事業:本事業を主導する「河南町かうち地区農と自然を守る協議会」は、河南町、地域の自治組織(下河内地区自治会、老人会、自衛消防団)、農業・林業の有識者、若者との繋がりを持つ組織(一般社団法人自然大陸、大阪ECO動物海洋専門学校)の面々で構成されており、すでに農泊推進事業への参画・協力の合意を、地域住民・連携する企業からも得られています。本事業を推進することで、河南地区の地域資源(人・物)を有効活用した「農業体験ツアー」の実施体制を構築し、地区外の人々との交流を活性化します。  また、オーガニック栽培を中心に里山や棚田を体験圃場として有効活用し、耕作放棄地の解消を促進します。

  • 人材活用事業:連携する農業塾(NPOスモールファーマーズ)卒業生や、独立就農意欲のある若者を対象に、オーガニック栽培体験圃場の整備・体験プログラム運営スタッフの人材育成として、研修生を受入れます。研修終了後は、本事業を継続していく農業生産法人のスタッフとして地域に定住し、連携する「農事組合法人道の駅かなん」の出荷者になって頂きます。また、空き家を居住先として利用し、地域住民の一員として地域活性化に貢献してもらいます。

メンバー(構成員)

<河南町かうち地区 農と自然を守る協議会>

  • 構成員

① 河南町下河内地区自治会・農業実行組合・老人会・自衛消防団、大浦ファーム、上條林業、

大阪ECO動物海洋専門学校、一般社団法人自然大陸 等

② リーダー(代表者)          :松葉 元秀

③ プロジェクト・マネージャー :浅川 賢二

協力団体

 

アクセスマップ